浪人生の1日の勉強時間

August 9, 2017

こんにちは!
日本初!授業をしない世田谷区の塾、武田塾三軒茶屋校です☆


無駄な授業を受ける必要がなく、部活もなく、1日中勉強をすることができるのが浪人生。
しかし、本当に1日を有意義に使い勉強時間に使えている人がどのくらいいるでしょうか?
浪人生で予備校に通っている人は、通って満足してしまうという状況が目立ちます。

 

1日何時間勉強すればいいですか?
休憩は何時間とっていいですか?

という質問を聞きます。

 

この質問をする自体、意識が低いか勉強のやり方が分かっていないのではないかと思います。
辛いのは分かりますが、休みたい遊びたいという気持ちが全面に出ていますね。
目指す大学によって多少変わりますが、10時間以上は勉強してほしいですね。

 

 

今まであまり長時間勉強することができなかった人に、いきなり10時間は酷かもしれませんね。
しかし、意識をもつためにできることはしていきましょう。
その為にできることを、紹介します。

 

① 1日すべき勉強のスケジュールをつくる
ダラダラ問題を解いていてはいけません。
1日これは完璧にするという教科科目と量を決めましょう。
そして、解いて終わりでなくテストして正解するという段階まで仕上げましょう。
細かく1日の日常スケジュールまで書く人もいますが、自分がそれを達成できそうになければやめておきましょう。


② 教科ごとの勉強時間を計る
自分がその教科の目標を終わらすためにどのくらいの時間がかかるのか計りましょう。
苦手教科にはそれなりの時間がかかってしまいますし、得意なものなら苦手なものより早く終わるでしょう。
その教科が終わった時の時間を記録することで、自己分析ができます。
1教科に時間がかかりすぎている場合は、なぜそんなに時間がかかっているのか分析しましょう。
また、理系科目が受験で必要な場合、理系科目の勉強は時間がかかります。
理系に進みたい、でも苦手という場合、勉強時間はかなり確保しなければなりません。


③ その日を振り返る
その日の目標を達成したかどうかです。
そして、1日どのくらい勉強時間をとれたかも記録しておきましょう。
1日の目標を真剣にやっていれば、気づけば10時間は経っているでしょう。
目標を達成できれば、嬉しくなると思いますし、明日への活力につながるでしょう。
記録しておくと、どこで目標が達成できたかできなかったか把握できます。
結果を出すためには、過程を分析する必要があります。


最後に
1日何時間勉強しなければならない…と考えると、あまりはかどりません。
時計ばかり気にしてしまい、机に座り続けたことで勉強した気になってしまいます。
真面目に勉強していることを装っていても、模試を受けた時に結果がでますね。
また、時間をかけてダラダラした勉強をし、結果が出ないとストレスだけ溜めてしまいます。
心身ともに悪影響です。
すべき事を決めて、確実にこなしていきましょう。

 

そのすべき事やスケジュールの立て方が分からない、できないという人には
武田塾三軒茶屋校が力になれます。
勉強のやり方、1日の分量、1週間でやらなければならないことを毎週決めていきます。

 

自己管理に自信がない人。
どのように勉強をすすめれば良いか分からない人は、
是非 三軒茶屋校へ無料相談に来てください。
お待ちしております☆

 

 

合格体験関連記事ー・-・-・-・-・-・-・-・-・

青山学院大学 合格

 

明治大学 合格体験記

 

センター利用 早稲田大学合格!

 

E判定から3カ月で中央大学合格!

 

日本歯科大学合格者の声

 

祝 国立 長崎大学合格

 

 

人気ブログー・-・-・-・-・-・-・-・-・

 

偏差値30台からの早稲田大学合格への道

 

惜しくも一浪…注意すべき点は?

 

早稲田と慶応 偏差値70ならどちらを受験するの?

 

社会の代わりに数学選択! 早慶編

 

 

 

 

 

『無料受験相談』_________________

武田塾三軒茶屋校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾三軒茶屋校 三軒茶屋の個別指導塾・予備校】
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂2-14-3
アーバンリゾート三軒茶屋ビル 3F
東急田園都市線 三軒茶屋駅 北口B 徒歩1分
TEL:03-6805-4347
FAX:03-6805-4397
Mail:sangenjaya@takeda.tv

用賀駅から6分♪

桜新町駅から4分♪

 

アクセスはコチラ!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事
Please reload

最新記事