英語の速読方法

April 13, 2017

多くの受験生が、英語の模試などを受けた時時間が足りず最後まで解けないという悩みを抱えています。

原因の一つに速読ができていないのが挙げられます。

今回は、速読の方法についてご紹介します。

 

◆単語量は大丈夫?

英語を読むためには単語を知らなければ読めません。

もし、受験に必要な単語数が覚えきれていないようならそこから覚える必要があります。

今使っている英単語帳一冊は、覚えるようにしましょう。

スペルは後回しにしてください!

まずは、すべての基本的な意味を答えられるようにしましょう!

 

 

 

◆文章の流れを意識する!

特殊なものでない限り、文章には流れがあります。

流れをつかむと、このフレーズが来た後はこうなる…と分かるようになります。

~しかし…ときたら、前の文の否定的な意味が来るであろうと予測できます。

この程度で良いので、予測しながら読むとスムーズに文章が頭の中に入ってきます。
 

 

◆止まらず読み進める

長文を読んでいる中で、よく理解できない内容が出てくることがあります。

そこでいちいち止まってしまうと、タイムロスになります。

長文のつくりとしては、始めに抽象的な内容を先に述べてそれを分かりやすく説明するために具体的な例を挙げていく方法があります。

つまり、最初は分かりにくい文章になっている場合が多いのです。

そこで理解しなければと何度も読んでも仕方ありません。

後の方に書いてある具体的な内容を読んでいき、やっと理解できます。
 

 

◆必要な部分とそうでない部分を見極める

長文の中でも、問題に必要な箇所とそうでない箇所があります。

不必要な部分も真剣に時間をかけて読んでいては、時間はなくなってしまいます。

どこが必要で必要じゃないか分からないという人は、自分がネット検索している時を思い出してください。

検索したページのサイトと内容を全部じっくりと読むでしょうか?

自然と飛ばし読みをしたりして、自分が必要としている内容だけ拾っているはずです。

英語になると身構えてしまう人が多いですが、やっていることはあまり変わりません。

軽く読めば良いところは、いちいち和訳する必要もありません。

 

◆英語脳をつくる

長文を読むとき、理解するためには和訳することだと考える人がいます。

しかし、それは間違えです。

長文の内容を理解できれば良いのです!

海外の人は、一旦日本語に直したりしませんよね(^_^;)

そのまま理解しているはずです!

和訳することと、長文の内容を理解することは実は違うのです。

英語を英語として理解するのを英語脳と表現することがあります。

最初は慣れないかもしれませんが、練習すればできるようになります。

中学一年生くらいの英語を読んだとき、自然と理解できるはずです。

まずは簡単な英語長文から始めてみましょう!

 

◆最後に

試験にとって、時間以内に解き終わるというのは重要なものですね。

その為には、どうしても速度を上げる必要があります。

上記の英語を早く読む方法を取り入れて練習していってください!

 

 

 

合格体験関連記事ー・-・-・-・-・-・-・-・-・

青山学院大学 合格

 

明治大学 合格体験記

 

センター利用 早稲田大学合格!

 

E判定から3カ月で中央大学合格!


日本歯科大学合格者の声

 

祝 国立 長崎大学合格

 

 

人気ブログー・-・-・-・-・-・-・-・-・

偏差値30台からの早稲田大学合格への道

 

惜しくも一浪…注意すべき点は?

 

早稲田と慶応 偏差値70ならどちらを受験するの?

 

社会の代わりに数学選択! 早慶編

 

 

 

 

 

 

 

『無料受験相談』___________________

武田塾三軒茶屋校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾三軒茶屋校 三軒茶屋の個別指導塾・予備校】
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂2-14-3
アーバンリゾート三軒茶屋ビル 3F
東急田園都市線 三軒茶屋駅 北口B 徒歩1分
TEL:03-6805-4347
FAX:03-6805-4397
Mail:sangenjaya@takeda.tv

用賀駅から6分♪

桜新町駅から4分♪ 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事
Please reload

最新記事