自分に合ったレベルから一冊ずつ参考書を完璧にして積み上げていくので、「これだけやったんだ!」っていう自信が持てました。僕が逆転した方法は武田塾が本やブログで世に公表しているやり方そのままです。とにかく愚直に頑張って、夏の模試では偏差値58になりました。3ヵ月程度で21も偏差値が上がったのですが、この時点でもまだ早稲田大学はE判定です。でもどうしても早稲田に行きたくて、やるべきことは武田塾から明確に示されているので、とにかくひたすら宿題をこなし、参考書を完璧にしていく日々。遠い道のりに途方にくれたときもありました。でも僕は甘い方向に行くのではなく、武田塾にとにかく厳しく管理してもらいました。
大学受験をするなら予備校に行くのが普通じゃないですか。だから僕も、高校3年生の時、大手予備校に通ったんです。そこでひたすら授業を受けていました。今思えば、授業を受けっぱなしにして復習を全くしてなかった。それでは成績が上がるわけがないんですよね。そこで、なんとかしようと勉強法の本を読みあさったり、携帯でいろんなものを調べて、ブログ「武田の受験相談所」を発見しました。 そこでは、まさしく自分のために書かれているのだと思うぐらい「こんな間違った勉強はしていないか?」ということが書かれていたんです。 そして、「正しい方法はこうだ!」と自信たっぷりに示されていて、たしかにそれは納得できる内容でした。この方法なら早稲田に行けるんじゃないかって、偏差値36.9しかなかった自分でも思えたんです。
予備校に入るにしても、独学するにしても、まずは騙されたと思って武田塾のブログや本を読んでから、こんな勉強方法や理論もあるんだなとちゃんと情報を仕入れてから、どこでこの人生にとって大切な受験期を過ごすか、自分でしっかり判断すべきだと思います。みんながやるから、みんなが行くから…、これほど危険な考え方はありません。それと、僕の通っていた高校は早慶合格の実績など全くない非進学校でしたが、非進学校の受験生には、非進学校の受験生なりの戦い方があります。受験生の皆さん、特に非進学校出身のみなさんの逆転合格を応援しています。がんばってくださいね!
僕は早慶合格の実績が皆無に近い地方の非進学校出身で、やはり参考書や独学だけでは限界があると思い、大手予備校に行くのが難関大学合格への最短ルートだと思って予備校の早慶コースに入りましたが、そこで気付きました。聞くだけで劇的に成績が伸びるような方法論なんてないんだということに。そして結局は、一番地味だと思われる、自学自習に勝る勉強法はないということに。そこで僕は武田塾に通い、一冊ずつ完璧にしていったんですその結果、成績は劇的に伸び、慶應プレで全国3位をとることができ、そして早慶ダブル合格につながったと思います。
たまたま後楽園の駅で降りたときに、武田塾の看板を見たんです。当時大手予備校に通っていた僕は、看板に書かれていた「大手予備校の集団授業には限界があります」という文言を見て、「今受けてる授業に限界とかないでしょ。」と、最初はあまり気にとめませんでしたが、後日インターネットでたまたま武田塾のことを見つけたんです。そこには僕が日ごろから少しずつ疑問に感じていた、基礎から勉強しなくちゃいけないんじゃないか、授業を受けっぱなしにしちゃいけないんじゃないか、一冊ずつ完璧にしていくべきなんじゃないか、といったことが、すべて書かれていました。そして受験相談は無料と書かれていたので、一度相談をしに行き、武田塾への入塾を決めました。
大学受験においては、情報収集能力、そして判断能力が重要となってきます。本当に正しい勉強法とは何なのか、それは本当に大手予備校に行くことなのか。そもそも大手予備校にのない地方などと都市部とでは、受験に関する情報量に格差があります。受験に関する情報を自ら積極的に集め、そしてそれが正しいのかどうか判断できるかが重要です。そして僕は、自学自習に勝る勉強法はない、という結論に達しました。皆さんも、自分にとって何が正しい方法なのか、今一度考えてみることをお勧めします。
「こんなに基礎的なことをやっていたら間に合わない!」と思うのではなく、基礎的な参考書から順番に一冊ずつ完成せて行きました。基礎の大切さがわかった上で、この方法が正しいんだと自信を持って勉強することができました。 国立医学部合格は絶対に届かない雲の上のような存在で、ものすごく難しい勉強をたくさんしなくてはいけないのかなぁと思っていましたが、武田塾の勉強方法は自分のレベルにあった参考書から完璧にしていき基礎を固めてから応用、発展と順に積み上げていくやり方で、それを継続することでちゃんと道ができていきました。
高一のときに、祖母を亡くしたんですが、僕はおばあちゃんっ子だったのでとても悲しかったんですね。それ以来、人を助ける仕事がしたいと思うようになり、何としても医者になることはあきらめたくなかったんです。そこで、自分に合った勉強方法はないかと調べていくうちに見つけたのが、武田塾のブログだったんです。武田塾のブログには、勉強方法だけでなく、なぜそうしたらいいのかという理由まで詳しく書いてあったので、とても読んでいてわかりやすいものでした。その頃から、「浪人するなら東京の武田塾だ!」って心のなかで決めていました
まずはいったん常識を疑ってみてください。授業に出て黒板を写すというのが、世間一般では正しい勉強方法だとされていますが、 本当にそうでしょうか?常識を疑える力がないと、常識通りの結果しか出ません。受験は情報戦です。 自ら情報を集め、それらを取捨選択し決断していく、この能力が受験では最も重要だと言ってもいいのではないでしょうか。 皆さんも数ある情報の中から取捨選択し、自分が正しいと思う方法で勉強をしていってください。