私立入試難化!?定員厳格化による立教大学の合格者と倍率の変化

May 13, 2019

 

授業をしない塾、武田塾三軒茶屋校です!

 

ここ数年、定員厳格化によって私立大学入試の状況が大きく変わってきました。

 

早慶MARCHをはじめ、多くの大学の倍率が文系を中心に急激に上昇し、

模試でA判定だったのに不合格になったという話も、以前に比べてかなり多く聞くようになってしまいました。

 

多くの受験生は「私立大学入試がきつくなっている」という話を耳にしていると思います。

 

ですが、実際にどのくらいきつくなっているのかを実際の数字としてみたことはないのではないでしょうか。

 

現実を知った上で、目標(志望校合格)を達成するためにはどれくらい頑張る必要があるのか、そこまでの距離感をしっかりとつかんでほしいと思います。

 

 

 

◆そもそも定員厳格化って何?

 

定員厳格化と言われているものは、文部科学省の通達で首都圏の私立大学入学者を抑えようというものです。

 

その背景には地方創生という狙いがあります。

文部科学省の狙いを簡単に書くとこんな感じです。

 

首都圏大学の入学者を絞る → 地方の大学入学者数が増える → 地方での雇用が増加する → 地方活性化

 

地方での雇用が増加すると、そこに住む人が増えます。

人が増えれば経済も回るので、そうやって地方創生につなげようというものです。

 

そのために首都圏の大学入学者数を各大学・学部の定員に対して110%〜120%以下に抑えるようにということになりました。

 

具体的な基準は以下の通りです。

 

 

◆立教大学のここ数年の入試動向

 

文系学部を中心に全体的に高倍率になっています。

定員厳格化の影響によりその倍率は上昇傾向にあると言えます。

 

また、合格者数の減少もかなりわかりやすく現れています。

特に変化が大きかったのは以下の学部です。

 

(2015年度入試→2018年度入試)

合格者数と倍率の変化

・文学部

1223人→924人

4倍→5.8倍

 

・経済学部

843人→631人

5.8倍→7.2倍

 

・経営学部

307人→179人

10.3倍→15.2倍

 

・社会学部

644人→388人

6.3倍→12.3倍

 

・コミュニティ福祉学部

487人→271人

5.1倍→8.8倍

 

 

 

 

 

『無料受験相談』___________________

武田塾三軒茶屋校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾三軒茶屋校 三軒茶屋の個別指導塾・予備校】
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂2-14-3
アーバンリゾート三軒茶屋ビル 3F
東急田園都市線 三軒茶屋駅 北口B 徒歩1分
TEL:03-6805-4347
FAX:03-6805-4397
Mail:sangenjaya@takeda.tv

用賀駅から6分♪

桜新町駅から4分♪

お洒落な恵比寿からも近い♪

 

アクセスはコチラ!

 

 

 

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事
Please reload

最新記事