後悔しないためには^^? ~大学受験・逆転合格の武田塾 三軒茶屋校~

August 22, 2017

こんにちは!

日本初!「授業をしない」塾の、武田塾三軒茶屋校です!

 

人はなぜ後悔するのでしょう?

 

 

勉強に関連する例でいうと、
「あの時ここを勉強しておけば、もっといい点がとれたのに・・・。」
なんてことがあるでしょう。

 

人が後悔をするのは、人が未来を想像する力を有するからだ、と表現されることがあります。
それはどういうことかというと、ある時に、ある人が

 

「○○になりたいなあ」

と思ったとします。
そして、その後に、努力の甲斐なく失敗したような場合に、自分の努力不足を後悔したりするのです。
なので、逆に、まったく将来のことなど考えなかったり、何の目標もなかった場合には、当然のごとく後悔はしません。
まあ、「あのときに、あれをやればよかった!」と後悔する場合もあるかとは思いますが、それもそもそも人が未来を想像する能力があることを前提とした後悔です。

 

なぜこんな話をしたかというと、ひとつには「後悔しないように頑張りましょう」ということもあるにはあります。
しかし、私は基本的に、後悔をすること自体は悪いことではないと思いますし、すべての後悔を避けることはできないだろうと思います。
なので、むしろ、後悔はどんどんしてよいと思います。
大事なのは、その後です。

 

後悔するということは、ある意味、失敗が前提となっています。
失敗すると、落ち込むのが普通です。
いったんは落ち込んでもしょうがないとは思いますが、その後に、なぜそのような失敗をしたのかをしっかり分析し、明確な方法論をもって、あらたに目標に向かってチャレンジすることが大切だと思います。

 

後悔すると、とかく自分の悪かったところをいくつも挙げて、だめな自分を再認識してしまい、どんどん落ち込むことも多いのですが、落ち込んでいるだけでは、何も前には進みません。
目標も達成されないままです。

 

また、後悔したくないから目標も立てない、という人もいますが、これも間違っています。
本当に達成したい目標ならば、立てるべきです。
達成したいという気持ちを持つことによって、様々な達成に必要な事柄を考えることになります。
目標もなく、ただ漫然と行動するだけでは、気づくべき事柄にも気づけなくなってしまうおそれがあります。


確かに、後悔するということは失敗するということなので、あまり体験したくないことかもしれませんが、後悔するということは、目標をもって行動したことの証であって、その失敗は、裏返せば成功へのノウハウの一部になりうるものだと思います。
世界に対して鈍感になることなく、世界の動きを敏感に感じ取って、いくつもの後悔を重ねた上で、大きな果実をつかんでほしいと思います。

 

後悔とあきらめは違う。
後悔はしてもよいが、あきらめてはいけない。
というのが今回の話の要旨です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

 

合格体験関連記事ー・-・-・-・-・-・-・-・-・

青山学院大学 合格

 

明治大学 合格体験記

 

センター利用 早稲田大学合格!

 

E判定から3カ月で中央大学合格!

 

日本歯科大学合格者の声

 

祝 国立 長崎大学合格

 

 

人気ブログー・-・-・-・-・-・-・-・-・

 

偏差値30台からの早稲田大学合格への道

 

惜しくも一浪…注意すべき点は?

 

早稲田と慶応 偏差値70ならどちらを受験するの?

 

社会の代わりに数学選択! 早慶編

 

 

 

 

【無料受験相談実施中!!】
無料の受験相談だけで志望校に合格した方もいらっしゃいます!

 

 

 

 

『無料受験相談』_______________

武田塾三軒茶屋校では随時無料の受験相談を行っております。
志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾三軒茶屋校 三軒茶屋の個別指導塾・予備校】
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂2-14-3
アーバンリゾート三軒茶屋ビル 3F
東急田園都市線 三軒茶屋駅 北口B 徒歩1分
TEL:03-6805-4347
FAX:03-6805-4397

 

アクセスはコチラ!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事
Please reload

最新記事